May 24, 2005

カエターノ fist night

catano










演奏会漬けの今日この頃。

本日は池袋芸術劇場にて、
ブラジルの巨匠、カエターノ・ヴェローゾのコンサート。

すっっっごい楽しみにしていただけに、
姿を見ただけで感激のあまり意識が飛ぶかと思っただけに、
音響の酷さには椅子を投げそうになりました。

響き過ぎてるっちゅーねん!
残響が長過ぎて、音が全部濁ってるやないか!
あーんな素晴らしい素材をどうしたら
こんなにもグチャグチャに出来るんだ!

くそー、くそー、ちょっと時間をくれたら
音を吸収するフェルト生地でもなんでも
私が壁と天井の全面に貼り付けてやるってば…。
あー、もー、責任者ー!!!出て来ーーーい!

なんて、要らないことばっかり考えてしまって
音楽に集中できない悲しい二時間。

でも、泥水と化してしまった音の洪水のなかで
神々しく光を放っているものがそこには確かにあって、
しっかり泣かせて頂きました。鳥肌な瞬間も度々。

終演後、あまりに悔しくて、
明後日、国際フォーラムでやる演奏会のチケットを即購入。
一万円払うさ、一ヶ月御飯とお塩で過ごしても払うよ。
だから、今度こそちゃんとした環境で聴かせてくれ。

ハコが変わっても音響が酷かったりしたら
興行主を訴えるぞ、私は!!!


chakovsky at 01:36│Comments(3)TrackBack(0)music 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by christof   May 24, 2005 14:02
かなり行きたかったカエターノですが、仕事で行けず〜
うちの近所の芸術劇場の音響は最悪だったようですね。
2. Posted by christof   May 24, 2005 14:05
引き続きです。
以下の自分のマイミクの方の日記にも
昨日のカエターノのことが書いてあります。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=18605289&owner_id=37536
3. Posted by chakita   May 26, 2005 04:23
今日の日記にも書きましたが、
音響はやっぱりハコのせいだったようです。

国際フォーラムでのコンサートは
「ああ、もう、好きにして!」ていうくらい
素敵な素敵な、もう奇跡に近いものでした。

2時間にわたってニンマリし続け、
「くぅーーーーーっっかっこいい!!!」
と失神しそうになったり、涙を流したり。
こんなに大騒ぎをした演奏会は生まれて初めてでした。

うーん。大満足。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
chakovsky
人との関わりのなかでしか自分を見出せない、action ならぬre-action な人間。数字や詳細に弱く、周りはざっくりとした雰囲気でしか捉えていません。ま、細かいこと言うなよ。な。
Archives
Categories