November 14, 2005

冬の匂い

北極周辺に住むイヌイットの人たちは『雪』を
50もの異なる言い方で呼ぶのだそうだ。

一年中雪が降り積もる土地で彼らは毎日空を見上げながら
私にはおよそ想像もできない些細な違いを見出し、
移り変わる季節を感じているのだろうか。

午後、明るい灰色の雲に覆われた空の下に歩みだしてみたら
そこは確かに冬の匂いで充満していた。
「ああ、この匂いだ。これを嗅ぐと冬がやってきたのだと
毎年感じるのだ」と思うものの、その匂いをピッタリ説明できる
言葉をいくら捜しても、私の辞書には見つからなかった。

一見、なんの目じるしもない白銀の世界で
迷わずに旅をすることができるイヌイットの人たち。
彼らはこの寒い季節を「冬」と一括りにしてしまう我々を笑うだろうか。

chakovsky at 16:54│Comments(1)TrackBack(0)news 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by chakita   November 14, 2005 17:09
言葉のエクササイズ。

(1)雪を表現する言葉
初雪、粉雪、みぞれ雪、ぼたん雪、風花、春雪、なごり雪、白雪。
(8個だけかよ、おい。orz)

(2)季節の匂いを表現する言葉。
えーと、うーんと、初春は沈丁花の匂い。秋は金木犀と銀杏の匂い。
(季節の草木の匂いしかないやん…。orz)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
chakovsky
人との関わりのなかでしか自分を見出せない、action ならぬre-action な人間。数字や詳細に弱く、周りはざっくりとした雰囲気でしか捉えていません。ま、細かいこと言うなよ。な。
Archives
Categories