March 16, 2007

ルーツ探し

ミクシィの「ヴァイオリン」コミュを覗いていたら
楽器紹介スレッドが立っていて、
色んな人が「これは誰某の作品で…」なんて
解説しているのを見ているうちに、
自分の楽器のことが気になりまして。

今の楽器を弾き始めてから約15年。
ラベルに書いてある仏語を読むべく、
本日、初めて辞書を引き、
初めて作り手の名前を知りました。
ジョセフ、だそうです。ジョセフおじさん。

そして、見つかる訳ないけど、と思いながら
でもちょっとムキになって
世界中のウエブサイトを検索してみたら
彼に関する情報、ちょっとだけだけど、あった!

すっげー、私の楽器を作ったひとって
本当に生きてたんだーーー!!!

まあ、楽器が存在しているわけだから、
誰かが作ったわけであって
作り手が生きてたってのは、
そりゃそうだよ、てことなんだけど。

でも、フランスのリールに住んでいたらしいとか、
息子の名前はピエールで、やはり楽器作ってたらしいとか、
そういうトリビアな知識があると
うちの子がジョセフさんちの工房で、削られ、磨かれ、
「ア〜、セ・ビア〜ン!」なんて作られているのが
想像できてきちゃって、俄然楽しいわけですわ。

不思議なのが、
自分のヴァイオリンは、絶対に「女」だと、
それも明るくて快活な女の子だと思っていたのだけど、
ジョセフさんを想像していたら、
もしかするとコイツは男性?という気がしてきた。
なぜかと聞かれても困るんだけど、雰囲気的に。

それにしても、
こんなことまで調べられるネットってすごいよなー。


chakovsky at 09:55│Comments(0)music 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
chakovsky
人との関わりのなかでしか自分を見出せない、action ならぬre-action な人間。数字や詳細に弱く、周りはざっくりとした雰囲気でしか捉えていません。ま、細かいこと言うなよ。な。
Archives
Categories